マタニティ歯科

Maternity

Bear Polar Dental House

ママが虫歯になると、あかちゃんもむし歯になるリスクが高まります。
あかちゃんがお腹の中にいる”マイナス1歳”からしっかりとケアしていきましょう。

  • 妊娠中によく起こるお口のトラブル

    妊娠中には以下のトラブルが起きやすくなります。

    • Icon Check 歯肉の腫れや出血

    • Icon Check 口の中が乾く

    • Icon Check 知覚過敏

    • Icon Check 気分が悪く歯磨きできない

    • Icon Check 歯や歯肉の痛み

    妊娠中には以下のトラブルが起きやすくなります。

    妊娠中にできること「自宅でのセルフケア」

    • Icon Check 食後の歯磨きやうがいをこまめにしましょう。

    • Icon Check ヘッドが小さな歯ブラシあおすすめです。

    • Icon Check つわりなどで磨けないときは、ブクブクうがいをしましょう。

    • Icon Check 糖分の多い飲食物や酸性食品をダラダラたべるのは控えましょう。

    • Icon Check 甘いものが食べたくなったら、歯科医院で販売している キシリトール100%の製品がおススメです。

    妊娠中にできること「自宅でのセルフケア」

    妊娠中にできること「歯科医院でのプロケア」

    • Icon Check 妊婦歯科検診
      つわりがおさまる4~5ヵ月頃に歯科検診を受けましょう。

    • Icon Check 妊娠時の歯科治療
      治療は必要な場合は、比較的体調の安定した妊娠中期に済ま せるのが理想です。

      歯科治療を受ける前に、産婦人科の担当医に一度相談する ことをおすすめします。

    妊娠中にできること「歯科医院でのプロケア」
    Check

    むし歯は感染症

    生まれたばかりのあかちゃんのお口の中には、むし歯菌はいません。
    キスや口移し、大人が使った箸で食べさせることで、あかちゃんにむし歯菌を移してしまうことが多いのです。
    まず周りの大人がむし歯菌を減らしておきましょう。

  • あかちゃんが生まれたら

    出産後の虫歯予防

    • Icon Check むし歯や歯周病は早めに治療しましょう。

    • Icon Check 日常の歯磨きを丁寧にししましょう。

    • Icon Check 定期的に歯科医院に通ってお口のケアを受けましょう。

    • むし歯や歯周病は早めに治療しましょう。

      乳幼児は飲食階数が多い上に乳歯は永久歯と比べ、たいへん弱く、むし歯になりやすいです。
      乳歯は永久歯が適切な位置に生えるように導く役割があり、失われると将来ガタガタな歯並びになってしまうこともあります。

      むし歯や歯周病は早めに治療しましょう。
    • むし歯や歯周病は早めに治療しましょう。
      • Icon Check 乳児期

        舌に白っぽいカスが溜まります。
        ぬるま湯で濡らしたガーゼでカスを拭きとってあげましょう。

      • Icon Check 生後7~8ヵ月

        前歯が生えてきます。
        歯の汚れは乳児の時と同じようにぬぐいます。

      • Icon Check 1歳が過ぎたら

        歯ブラシを持たせてみましょう。
        ブラシになれたらお母さんが磨いてあげます。

      むし歯や歯周病は早めに治療しましょう。
Bear Polar Dental Logo

しろくまコラム

「マタニティ歯科」

一覧を見る 一覧を見る